<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あかね空

あかね空
山本 一力 / / 文藝春秋
ISBN : 416767002X
スコア選択:



2部構成で出来ていて、一部は上方から江戸へ出来てきて豆腐屋を始めた
永吉と、その江戸で出合ったおふみの物語。
永吉の職人としての腕と、おふみの力強い支え、縁もゆかりもないけれど幼い頃に
生き別れた息子の面影を重ねて影から支えた老夫婦のおかげで少しずつ「京や」
と名づけられた豆腐屋は繁盛していく。
1部の後半では、永吉とおふみの間にひづみが生じていく。
2部は二人の間に生まれた3人の子を通しての永吉おふみの思いが描かれている。

いっきに読みました、おふみが永吉を愛し、永吉もそんなおふみを愛し夫婦に
なったのに、ある事がきっかけで「京や」は繁盛するが夫婦の間はどんどん
険悪になっていく、本当はおふみはずっと永吉を尊敬し、愛し、信じているのに、
おふみの台詞はすごくきつくてひどいのだけど何故か哀れで読んでいて可愛そうに
なっていく。
この本のいいところはまとまってハッピーエンドではなくて、おふみの気持ちを理解
せずに突然亡くなってしまう永吉と、自分の気持ちを最後まで言えずに亡くなって行く
おふみ、二人は誤解したまま、されたまま生涯を閉じてしまうのだけど
2部でようやく子供達がそんな夫婦の哀れさと、本当はみんな両親に愛されていたのだと
気づかされる事で読者をすっきりさせる事にあると思う。
きっとこんな人生を歩んだ両親と子供達だから今後は「京や」を手をたづさえて大きく
していくだろうなと。
家族の結束は何にもまして強いのだと言うことをこの本を通して考えさせられます。
[PR]
by tamiko4428 | 2007-03-25 17:47 | 時代物

NANA17

いったいいつになったら全貌が明らかになるのか!?
いいかげんイライライライラ
皆が同じ顔に最近見えてきて、髪の形や長さで区別している(笑)
どちらかというとナナより奈々の方が好きな私
だってあれだけ正直に生きられない、かつ、意外と幸せじゃない気がする
なんだかんだ言ってナナは皆から守られていて弱いなぁ~と思う。
奈々とタクミの方がなんとかしてやれよと思う、まぁお互い本当に
好きな相手と結婚したわけじゃないから意外とサバサバしていて読んでいて
気持ちがいいところもあったのだけど今回の巻でタクミがレイラに対する気持ちが
少しだけホント少しだけ見えた気がして「おい~おい、また伏せんが増えるの?」
と思わずにいられなかったけど。
いったいナナが自殺未遂や失踪をしなきゃならないぐらいの事ってどんなことなんでしょう?
実はレンと父親が同じとか・・・んんんまるで韓国ドラマになりそうだし

とにかく早く終わって欲しい・・・
[PR]
by tamiko4428 | 2007-03-22 22:42 | 漫画

鷲の墓

鷺の墓
今井 絵美子 / / 角川春樹事務所
ISBN : 4758431760
スコア選択:

またもはまりそうなシリーズ物に出会わされてしまいました
同藩の中で繰り広げられる人間模様を一つ一つ丁寧に書き上げられており
まるで藤沢周平の世界のようです。
決して裕福ではないけれど強い絆で結ばれた家族や、仕事に誇りをもって
生きている人々の今後もぜひ読んでみたいと思います。

雀のお宿
今井 絵美子 / / 角川春樹事務所
ISBN : 4758432236
スコア選択:
[PR]
by tamiko4428 | 2007-03-02 22:42 | 時代物


読書の記録帳


by tamiko4428

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧