<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

すぐりの季節(全二巻)

谷地恵美子(著

すぐりの季節 1 (1)
谷地 恵美子 / / 集英社
ISBN : 4088652428
スコア選択:

谷地さんの漫画が大好きで必ず読みますが
最近ちょっとご無沙汰してました。本屋に寄って目についたので買ってみたけど
すごくよかった♪
谷地さんのストーリでは主人公が優しくて素朴な女の子が多い
普段は目立たない子だけど、心の中には強いものが一筋通っている
素敵な女の子だ。
なかなか回りにはおとなしすぎて気持ちを上手く伝えられない子だけど
必ずそんな女の子を分かってくれる人が現れる。
今回の主人公「すぐり」にもそんな出会いが・・・。

ちょっと泣いてしまいます。泣いた後はすっきりする。漫画っていいなぁ~♪
[PR]
by tamiko4428 | 2007-01-26 12:09 | 漫画

黒く塗れ

宇江佐真理(著
髪結い伊佐次捕物余話

黒く塗れ―髪結い伊三次捕物余話
宇江佐 真理 / / 文藝春秋
ISBN : 4167640066
スコア選択:


人気シリーズ第五巻

所帯を持った伊佐次とお文
お文さんの威勢のいい啖呵や強気の姿勢が大好きで
今回も満足できました!
二人には可愛い息子も生まれてますます目が離せない
シリーズになりそうです。
同心不破のところにも女の子が生まれてにぎやかだし
気になっていた巾着きり(スリ)の直次郎も改心して好きな娘と
一緒になるようだし、めでたしめでたし!!
[PR]
by tamiko4428 | 2007-01-24 20:11 | 時代物

アジアンタムブルー

大崎善生(著

アジアンタムブルー
大崎 善生 / / 角川書店
ISBN : 4043740026
スコア選択:

泣いてしまった・・・・。
『パイロットフィッシュ』の主人公の若い頃の恋愛話なのだけど
恋愛小説ってあまり読まないから、取っ付きにくかったのだけど
主人公の愛する女性が最後死んでいくところは若くしての死を
痛ましいと感じるよりも、ああこんな幸せの中で死ねるなんて
なんて幸せな女性なんだろうと思った。
人間誰しも死が訪れるけど、こんな死にかたならしあわせだろうと
ちょっとうらやましさを感じました。

文面で出てくるちょっとした台詞が柔らかで優しげで好きです。
結構ハードでエロ的な面も多いのだけどいやらしさを感じないのは
何故なんでしょうね???
[PR]
by tamiko4428 | 2007-01-22 23:14 | その他

哀愁的東京

重松清(著

哀愁的東京
重松 清 / / 角川書店
ISBN : 4043646046
スコア選択:



絵本作家だが昔「パパといっしょに」という絵本を書いていこう新作が
書けなくなり、フリーライターをしている主人公。
皮肉な事にインタヴューをしたり、出会ったりする人が皆「パパといっしょに」
のファンであったりする。
夢あふれる冒険ファンタジーで賞までとった絵本だったが、現実では悲しくてかわいそう
な女の子の名前をつけた絵本だった。

うーん、ちょっと苦手な話だったかな。結局何がどうって何も変わらない
主人公の立場だったりするので。展開も柔らかだけどちょっと間延びしてるし。
重松さんの本は好きなので次も買ってきちゃいましたがどうでしょうか?
[PR]
by tamiko4428 | 2007-01-19 23:29 | その他

パイロットフィッシュ

大崎善生(著

パイロットフィッシュ
大崎 善生 / / 角川書店
ISBN : 4048733281
スコア選択:



何がどういいかって説明が難しいのだけど、読んでて切ないなぁ~って
思ったり、ジワっと暖かくなったりするのが不思議

熱帯魚を飼ったことも興味もないから「パイロットフィッシュ」なる存在が
どういうものなのかも名前もよく知らなかったけど
飼いたい熱帯魚を水槽に入れる前に住みやすくしてやるためにまず水槽に
離す魚の事らしく、本当の目的の熱帯魚を飼ったら捨てちゃうか食べさせちゃったり
するらしく、なんだか悲しい話だよね。一つ勉強になりました。

物語は昔付き合っていた彼女からの19年ぶりの電話から過去と現在を
行ったり来たりするんだけど、青春ものかな。
[PR]
by tamiko4428 | 2007-01-19 23:17 | その他

あかんべえ(上下巻)

宮部みゆき(著

あかんべえ〈上〉
宮部 みゆき / / 新潮社
ISBN : 4101369291
スコア選択:




うーん宮部さんにしてはテンポがだらだらしてたかなぁ
お得意の子供の視線から観た話のつくりになっているのですが
上巻は説明が長くてちょっと嫌気がさしてました、下巻にきてようやく
面白くなって一気に読んだという感じ。

家族で料理屋を営もうと越してきた家には5人の亡者が住み着いていた
何故死んだのか分からないままにさまよっている亡者達、彼らを見れるのは
同じ弱みを持っている者のみ。が、何故か料理屋の娘おりんは全員を見ること
が出来た、それぞれの亡者が成仏できるには30年前に起こった事件が糸口
になるとみたおりんは・・・・。
[PR]
by tamiko4428 | 2007-01-07 11:35 | 時代物


読書の記録帳


by tamiko4428

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧