カテゴリ:その他( 30 )

DIVE!!

DIVE!!〈上〉 (角川文庫) (角川文庫)
森 絵都 / / 角川書店
ISBN : 4043791038
スコア選択:

DIVE!!〈下〉 (角川文庫) (角川文庫)
森 絵都 / / 角川書店
ISBN : 4043791046
スコア選択:

いやぁ~面白かったです!!
飛び込みに青春をかけた少年達の話です。
両親が元飛び込みのオリンピック選手をもつクラブでも一番の有望株
要一、クールで時に意外な行動に出る、でも実は一番熱い奴
悲運に泣いた飛び込み選手を祖父にもち幼い頃から海で飛び込みを
鍛えてきた飛沫、
有名なDNAはないけれどもって生まれた柔軟性とダイヤモンドの瞳を持つと
いわしめた成長株の知季、そんな3人を中心にコーチ、ライバル、家族、友人、恋人を
巻き込んでオリンピックを目指していく。10メートルのコンクリートドラゴンから
60キロの速さで1.4秒の演技を競う。
今度の北京オリンピックでは飛び込みの見方が変わってそうな私です!!
[PR]
by tamiko4428 | 2008-05-31 00:53 | その他

スキップ

スキップ (新潮文庫)
北村 薫 / / 新潮社
ISBN : 4101373213
スコア選択:

ある日突然目覚めたら17歳の一ノ瀬真理子は42歳の時代を生きている
真理子に代わっていた。
目にするものすべてが変わっていて、両親も既になく、結婚して17歳の娘の
いる母親になっていた。
いったい何が起こったのかわからぬまま42歳の真理子として生活していくことに
・・・・。

感想:
私としては42歳の真理子がどの世界にいってしまったのか気になって
いつその話が出てくるのか楽しみにしてたのですが何一つその話題が出てこない
17歳から42歳までの空白の時間に何が起こっていたのかそれすらも
あまり触れられていない・・それがどうも腑におちない。
この世界にきちゃったのだからとりあえず生きなきゃいけない、なので与えられた
生活を必死になるっていうのは分かるけどなんだか綺麗過ぎて
有耶無耶に終わってしまった部分があってすっきりぜす・・・私にはちょっと
向かないかなぁ。
続いてターン、リセットを読んでみたらすっきりするだろうか・・・・。
[PR]
by tamiko4428 | 2008-04-28 23:01 | その他

ぼくと、ぼくらの夏

樋口有介(著

正直これが今の学生?って感じでした。
今時の高校生はこんなに大人びていて冷静で、もろさもないものなの?
なんだか救いがないわと思いながら読んでました。

もっと平凡でちょっと甘えん坊で普段は強がりをいって空威張りしているけれど
実はやっぱり子供だなと思わせるような描写があったほうがリアルさが
あってよかったなと個人的に思います、こんな淡々とした高校生がいたら
ある意味怖いなぁ~。設定は刑事の息子であったり、彼女が世間でいう
やくざの娘だったりしてベタなのに登場人物にリアルさを感じなかったのが
残念・・・。
[PR]
by tamiko4428 | 2008-04-12 20:38 | その他

天切り松闇がたり



うーん最初のころの面白さと迫力、悲哀感等がなくなってきたような気がする・・・。
[PR]
by tamiko4428 | 2008-04-11 14:14 | その他

ハゲタカ

面白かったです!!私には難しいところもややありましたけど
それを割りひいても楽しめました。
日本の企業を外資系ファンドが買いあさる、ハゲタカと呼ばれる鷲津の手腕
会社は誰のものなのか?!考えさせられました。
シリーズ化のようで「つづく」になっていたのでこの先鷲津がどうなっていくのか
気になります
[PR]
by tamiko4428 | 2008-03-19 22:39 | その他

天璋院篤姫(上・下)

新装版 天璋院篤姫
宮尾 登美子 / / 講談社

NHK大河ドラマの原作となった宮尾登美子さんの歴史小説です。
私はこの篤姫にいい印象がなかったので大河ドラマもあまり
期待してないのですが・・・幕末期の動乱の際和宮はよく歴史上
に上がりますがこの篤姫は和宮の姑にあたりどちらかというと
和宮にキツクあたった人というイメージしかありませんでした。
この本を読んでいても自分にも厳しく他人にも厳しい人という印象
ですが何か大きな事をした人なのかなぁと思いながら読み続けました、が
特に世に対しては何も大きなことはしなかった人ですね、ただ
徳川家の存続と大奥を最後まで守ろうとした人だった事と、薩摩の島津の
分家の姫にもかかわらず将軍に嫁ぎ幕末時には相反するようになるのですが
生家よりも嫁家と共にあった人で女ながらに一本筋の通った強い人だったの
だなぁというのは分かりました。
ただどうしても篤姫のイメージはあおいちゃんじゃないなぁ~・・・。
[PR]
by tamiko4428 | 2008-01-16 12:38 | その他

熱球

重松清(著

20年前あと一歩で甲子園という切符を手にいれかけたとたん
不祥事で辞退、そこから町中の非難を受けた球児たちはその後
ばらばらになり、ほとんどが町を離れた、そんな20年後
エースだった主人公は失業し戻ってくる・・・。

なんだかぁ子供がこましゃくれてて本当に小学生?って
いまどきの小学生ってあんなもの?
高校生ぐらいにしか思えなかった。もう少し大人ぶっていても
まだまだ子供だなぁ~と思うようなところが欲しかったかな。

読んでいて「ひどいなぁ」と思う部分もあったけど
今までの重松作品とくらべると物足りない・・・・。


熱球 (徳間文庫)
重松 清 / / 徳間書店
ISBN : 4198921687
スコア選択:
[PR]
by tamiko4428 | 2007-09-12 21:40 | その他

アジアンタムブルー

大崎善生(著

アジアンタムブルー
大崎 善生 / / 角川書店
ISBN : 4043740026
スコア選択:

泣いてしまった・・・・。
『パイロットフィッシュ』の主人公の若い頃の恋愛話なのだけど
恋愛小説ってあまり読まないから、取っ付きにくかったのだけど
主人公の愛する女性が最後死んでいくところは若くしての死を
痛ましいと感じるよりも、ああこんな幸せの中で死ねるなんて
なんて幸せな女性なんだろうと思った。
人間誰しも死が訪れるけど、こんな死にかたならしあわせだろうと
ちょっとうらやましさを感じました。

文面で出てくるちょっとした台詞が柔らかで優しげで好きです。
結構ハードでエロ的な面も多いのだけどいやらしさを感じないのは
何故なんでしょうね???
[PR]
by tamiko4428 | 2007-01-22 23:14 | その他

哀愁的東京

重松清(著

哀愁的東京
重松 清 / / 角川書店
ISBN : 4043646046
スコア選択:



絵本作家だが昔「パパといっしょに」という絵本を書いていこう新作が
書けなくなり、フリーライターをしている主人公。
皮肉な事にインタヴューをしたり、出会ったりする人が皆「パパといっしょに」
のファンであったりする。
夢あふれる冒険ファンタジーで賞までとった絵本だったが、現実では悲しくてかわいそう
な女の子の名前をつけた絵本だった。

うーん、ちょっと苦手な話だったかな。結局何がどうって何も変わらない
主人公の立場だったりするので。展開も柔らかだけどちょっと間延びしてるし。
重松さんの本は好きなので次も買ってきちゃいましたがどうでしょうか?
[PR]
by tamiko4428 | 2007-01-19 23:29 | その他

パイロットフィッシュ

大崎善生(著

パイロットフィッシュ
大崎 善生 / / 角川書店
ISBN : 4048733281
スコア選択:



何がどういいかって説明が難しいのだけど、読んでて切ないなぁ~って
思ったり、ジワっと暖かくなったりするのが不思議

熱帯魚を飼ったことも興味もないから「パイロットフィッシュ」なる存在が
どういうものなのかも名前もよく知らなかったけど
飼いたい熱帯魚を水槽に入れる前に住みやすくしてやるためにまず水槽に
離す魚の事らしく、本当の目的の熱帯魚を飼ったら捨てちゃうか食べさせちゃったり
するらしく、なんだか悲しい話だよね。一つ勉強になりました。

物語は昔付き合っていた彼女からの19年ぶりの電話から過去と現在を
行ったり来たりするんだけど、青春ものかな。
[PR]
by tamiko4428 | 2007-01-19 23:17 | その他


読書の記録帳


by tamiko4428

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧