カテゴリ:作家・・佐伯泰英( 14 )

代がわり

鎌倉河岸捕物控シリーズ11弾

金座裏に養子として迎えられた政次若親分と幼馴染達が大活躍する
人気シリーズ

いよいよ、しほとの祝言も見えてきた政次
次回はようやく祝言かな?
今回の事件はちょっと物足りないけど(常兄好きな私)
たまには幸せに浸る金座裏もいいって事で

代がわり―鎌倉河岸捕物控
佐伯 泰英 / / 角川春樹事務所
[PR]
by tamiko4428 | 2007-09-02 15:46 | 作家・・佐伯泰英

居眠り磐音シリーズ

いやぁ~読みました楽しみました!!

この本の主役居眠り磐音こと坂崎磐根は読んでいても伝わるぐらい実直で
素直で優しい人柄、そんな彼を中心にどんどん広がっていく人との関わり
巻数があるにも関わらず飽きないで読み続けました
気になるおこんさんとはめでたく結ばれましたし、浪人だった磐音も22巻では
将来の展望が開けてきました、これからまたどう広がっていくのか楽しみです。

お気に入りのキャラは与力の笹塚さん!彼が出てくると思わず笑みがもれます
久々に嵌った本でした!!
[PR]
by tamiko4428 | 2007-05-12 21:18 | 作家・・佐伯泰英

居眠り磐音シリーズ

佐伯泰英(著
シリーズ第一巻「陽炎ノ辻」
シリーズ第二巻「寒雷ノ坂」

主人公。坂崎磐音、藩の陰謀に操られて幼き頃からの友人を亡くし
自らも藩を後にする。将来は藩を担う若者達を陥れた藩の黒幕はいったい誰なのか!?

この磐音のキャラクターがかなり好きです、
もともとお坊ちゃまなので長屋暮らしで明日の食料にも事をかくのに
切羽詰った様子がない、あきれた長屋の大家やら子供たちが
仕事を世話してやったりとほおってはおけないとあれやこれやと世話を
やいてくれる、また見た目からはそうは思えないのになかなかの剣の達人で
鮮やかな剣さばきも見事ながら人柄がまたすばらしくいい、
今後陰謀を暴いていくのだろうけど、分かれた許婚や藩にいる家族の
もとに戻れる日がくるのかよんでいくのが楽しみです。
私はどちらかというと許婚よりも大家の娘のおこんさんと一緒にならないかなぁと
思うのですが・・・・。
[PR]
by tamiko4428 | 2007-04-10 22:25 | 作家・・佐伯泰英

道場破り

鎌倉河岸捕物控シリーズ

このシリーズは一番大きな事件から始まってチョコチョコ
小さな事件が重なり最終に大きな事件に結びついたり、それぞれに
事件が解決したりと、話の作り方がすきだったんだけど
今回は短編集のようなつくりでした。

このシリーズの好きなところは登場人物がそれぞれにいい味を出しているところ。
私はなぜか常丸兄ぃが好きなんだけど、まだ単独主役には踊り出てないんですよね
いつか主役に選ばれるときがくるかなぁとちょっと期待してるんだけど。
この先登場人物がそれぞれどうなっていくのか末永く見守りたいそんな作品です。

ー以下シリーズー
橘花の仇
政次、奔る
御金座破り
暴れ彦四郎
古町殺し
引札屋おもん
下駄貫の死
銀のなえし

[PR]
by tamiko4428 | 2006-09-15 22:55 | 作家・・佐伯泰英


読書の記録帳


by tamiko4428

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧