カテゴリ:ミステリー日本( 23 )

動物園の鳥

坂本司 (著

動物園の鳥
坂木 司 / / 東京創元社
ISBN : 4488457037
スコア選択:


「青空の卵」
「仔羊の巣」
の最終巻

シリーズ第一作の「青空の卵」を読んだときはただの推理物かと思ってたんだけど
結構根が深い物語です。

中学の時にいじめにあって人間に接する事をやめてしまった子とその子が唯一
心を許している友人司の物語、話が進むうちに回りに二人を理解をしめす
友達が増えていくんだけど、読みはいじめたとき年齢設定がイマイチかなと
思ってたのです、でも最終話まで読んでようやく実年齢になっていく二人に
目が離せなくなりました。
いじめられた方の鳥井真一の方が精神的に問題があるのかと思ってたけど
実はそれを助けられなかった司の方にも心に大きな問題を抱えていた
、それに気づいた
司がようやく真一とともに大人になろうと一歩進む決断をするそんな話です。
[PR]
by tamiko4428 | 2007-02-17 21:20 | ミステリー日本

孔雀狂想曲

北森 鴻 著

骨董屋を営む越名、なぜか扱う骨董が生み出す事件に巻き込まれること
が多い
これでお店もうまくやっていければいいのだけど、それはまた別の話の
ようで・・・。
目利きの才を生かし事件を次々と解決していく・・・。

面白かった
骨董って自分が持つのはちょっと怖いけどあこがれるところがある、
我が家には古いものがないから。
物一つにもさまざまな人の思いやいわれがあって、それを取り巻く人間の
思いもさまざま。
シリーズになっても面白いかもしれない。
人間どうしのやり取りのテンポもまず好きな部類
[PR]
by tamiko4428 | 2006-09-15 00:22 | ミステリー日本

青空の卵

作家・・・坂本司
「名探偵はひきこもりシリーズ」第一弾

男同士の友情ってここまで深いものなのだろうか?
読み始めはなんだか主人公二人の年齢設定にしっくり
こなかったが、読み進めるうちにそれも気にならなくなった。

シリーズ名の通り家庭環境といじめが原因でほとんど家から
出ずに生活している鳥井真一が問題の真実をあばき解決していく
とい話。

鳥井のような人が身近にいたら不快かあるいは守ってやりたくなるかの
どちらかだろうなと思う。
いつか彼の心の問題も解決する日がくるのかなぁ。


ミステリーに分類するのはちょっとなと思うけど・・・。
[PR]
by tamiko4428 | 2006-09-15 00:19 | ミステリー日本


読書の記録帳


by tamiko4428

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧