カテゴリ:ミステリー日本( 23 )

賢者はベンチで思索する

近藤史恵(著
身近で起こりそうな事件でテンポもなかなかで楽しんで読みました
主人公のファミレスで働くフリータの久里子とその店の常連のおじいさんとの
年齢を超えた友情が無理がなくてよかったです。
[PR]
by tamiko4428 | 2009-01-18 16:01 | ミステリー日本

シリウスの道

シリウスの道
藤原 伊織 / / 文藝春秋
ISBN : 4163240209
スコア選択:

う~ん・・・はたして幼き頃の事件が必要だったのかと疑問です
なくても広告業界の中の陰湿な関係とか脚の引っ張り合いだけでも
結構面白かったのでそちらに重点を置くか、もっと幼馴染が絡んできても
よかったと個人的には思います。
ただ相変わらず藤原さんの本に出てくるキャラは魅力的で反面
サラリーマンでこんなかっこいい人いないよねぇ~と思わずはいられません

こんどドラマで内野さんが演じる辰村も魅力的ですが個人的には
戸塚君がかっこよかったなぁ~!!
[PR]
by tamiko4428 | 2008-08-22 16:03 | ミステリー日本

ひまわりの祝祭

ひまわりの祝祭 (講談社文庫)
藤原 伊織 / / 講談社
ISBN : 4062648989
スコア選択:


うーん・・・回りくどかった
上手く出来すぎてるような気がする
だいたい普通のビジネスマンが拳銃と関わることじたい
普通じゃないし全体的に無理があるストーリかもと
思わずにはいられませんでした
[PR]
by tamiko4428 | 2008-06-22 21:16 | ミステリー日本

雪が降る

雪が降る (講談社文庫)
藤原 伊織 / / 講談社
ISBN : 4062731762
スコア選択:

短編集6篇が収録されている

んん~すこし物足りない・・・
[PR]
by tamiko4428 | 2008-06-12 21:45 | ミステリー日本

テロリストのパラソル

テロリストのパラソル
藤原 伊織 / / 講談社
ISBN : 4062077973
スコア選択:

22年前学生闘争のさなか友人と起こした爆発さわぎ以来世間から身を隠し
住む場所、仕事も転々として生きてきた島、彼の唯一の救いは酒だった
中央公園天気のいいある日爆発事件が起こる、死者の中には島のかつての友人
2人がいた、はたして偶然なのか故意なのか事件に巻き込まれていくうちに
意外な人物が浮き上がってくる


いやぁいいねぇ藤原伊織さんの本に出てくるキャラクター実際こういう人がいたら
イラっと来るかもしれませんが、出てくる女性が何故この男に惹かれるのか、また
出てくる男までもがこの男に惹かれるのか分かるような気がします。
さて、続きまたも藤原さんの作品に入ります
[PR]
by tamiko4428 | 2008-06-10 22:29 | ミステリー日本

てのひらの闇

てのひらの闇 (文春文庫)
藤原 伊織 / / 文藝春秋
ISBN : 4167614022
スコア選択:

早期希望退職を受けてもうすぐサラリーマン生活ともお別れの堀江に任された
最後の仕事は昔世話になった会長自ら持ち込んだ一本のビデオテープから
始まった、その後会長は自殺、いったいこのビデオテープに何の意味があったのか
真相をさぐるうち、会長の知らぜらる過去と苦悩が浮き彫りになってくる、いったい
会長は何を守るために自ら死を選んだのか?
彼の過去をのぞく内に自らの過去とも向き合わなければならなくなってくる・・・。

面白かったです!!
久々にハードボイルドタッチ!!
出てくるキャラクターがまたいいんだよねぇ~みんな魅力的やくざの大親分も(笑)
哀愁が漂ってるっていうか・・・。
続編があるみたいなのでぜひ読んでみたいです
[PR]
by tamiko4428 | 2008-06-07 00:52 | ミステリー日本

チームバチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)
海堂 尊 / / 宝島社
ISBN : 4796661611
スコア選択:

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))
海堂 尊 / / 宝島社
ISBN : 4796661638
スコア選択:


手術中の事故なのか、故意なのかバチスタ手術中に起こる連続術中の死
大学病院で出世欲もなく出来れば目だたずやり過ごしたいと望んでいた
田口講師にふって沸いたこの連続術死の真相を探るように与えられた任務
厚生労働省からやってきた風変わりな白鳥との名コンビが真相に近づいたとき
またしても手術中に患者が命を落とす、はたして医療ミスなのか殺人なのか!?

以前作家の方が出らしたテレビで『エーアイ』(オートプシーイメージング)の導入を強く
訴えていらっしゃいました。
この機械は患者が死亡した場合、この機械にあてると原因となった部分が浮き出しに
なるんだとか(違ってたらすいません)これでまず原因を突き止めてその部分だけ
摘出するなり、調べるなりする。そうすると解剖という方法を取らずにすむというもの。

死してもなお切り刻まれたり、触られたりするのはやっぱり残された家族としては
嫌なもの、だけど今後の医療にとっては大切なこと。この装置があれば医療の向上と
人間の医療のために犠牲になっている動物だちの数もだんぜん少なくなる。
そのための機械です。

小説でもこの機械が出てきます、作家はこの機械の存在を世に知らせるために
この本を書いたのでは?と思ったところもありました。
大学病院の内幕や医師の強さ、弱さを本当のお医者さんが書いておられるだけあって
リアルであり。読み応えがありました。
実はもうちょっと期待してはいたのですが・・・。
[PR]
by tamiko4428 | 2008-05-27 20:58 | ミステリー日本

償い

償い (幻冬舎文庫)
矢口 敦子 / / 幻冬舎
ISBN : 4344403770
スコア選択:


人生に絶望した医師がホームレスになり、巻き込まれた連続殺人事件
昔彼が助けた幼子が中学生になり再会をひそかに喜んでいたが
事件の中心にその子がいるのではと疑いだす、社会的弱者をねらう連続
殺人事件の犯人は果たして「彼」なのか・・・。

人はどこか他人には見せなくても社会的弱者の一面を持っている
自分が昔よかれとして起こした事が実は逆面に出てその人のためにならなかった
らあなたならどうそれを受け止めるか?というテーマなような気がしました。
でも、どうもすっきりしない、事件のその後が描かれていないせいで尻切れトンボの
ような気がする
[PR]
by tamiko4428 | 2008-05-10 15:36 | ミステリー日本

枯葉色グッドバイ

枯葉色グッドバイ (文春文庫)
樋口 有介 / / 文藝春秋
スコア選択:




面白かったです、前に読んだ『ぼくと、ぼくらの夏』よりも断然好きです。
ノンキャリアだけど異例の出世をし前途も明るかった刑事椎葉、一瞬の不注意の
ために幼いわが子を車で轢いてしまい死なせてしまいます。妻とも上手く行かなくなり
人生の全てを捨ててホームレスとなっている。
そんな椎葉を見かけた女刑事が難航中の事件解決のために事件の手助けのために
彼を雇いまた彼に淡い気持ちを抱く。椎葉と取り巻くホームレスの環境や彼を
慕い近づいてくる事件の中心人物である女子高校生。
椎葉の語り口がなんとなくフロストちっくで私は好きですね、彼の今後が気に
なります
[PR]
by tamiko4428 | 2008-04-24 11:12 | ミステリー日本

烈火の月 


警察組織の中、現在でもこういう事があってもおかしくないだろうなぁ~
強烈な怖さはなかったけれど「麻薬」によって中毒となる怖さは
ジワジワと感じたその後どうなったのかが描かれてないのが残念
[PR]
by tamiko4428 | 2008-04-11 14:19 | ミステリー日本


読書の記録帳


by tamiko4428

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧